高額なゴルフ費用

okane.jpg

自分の趣味ではないけれど社内の付き合いでゴルフを始める事になった人や、正直お金が厳しいけれど、どうしても月に2回はゴルフ接待に出なければならない人などにとって、ゴルフにかかる費用はとても馬鹿にならないものだといえます。

お小遣いの中からはとても出せないので、へそくりから出したり、貯金を崩したりという方も少なくないでしょう。ですが、それもできないという方にとってゴルフ費用というのは頭を悩ます種なのです。

そんなときに便利なのがキャッシングです。キャッシングというと敬遠される方もいらっしゃるかと思いますが、計画的に利用すれば怖いものではありません。キャッシングのいいところは、支払いがリボ払いで一定額だということです。

ゴルフの予定が立て込む時期もあれば、そうでない月もあるでしょうから、支払いが多くなった時期にキャッシングを利用して、返済していけば急な支払いで首が回らなくなるという事態を防ぐことができます。

キャッシングカードは無料で作る事ができますし、オンラインで手続きが済む場合もありますから簡単に作る事ができます。コンビニのATMを利用して借りたり、返したりすることができる業者もあるので、とても便利に利用することができます。


また、最近では金利が1週間かからないノーローンというキャッシング会社もあります。
キャッシングすると、自分が所属する会社に通常、在籍確認の電話が入りますが※ノーローンの在籍確認についてはこれを回避出来る方法もあるみたいです。肩身の狭いサラリーマンの味方です。

月に何度も接待があるようなとき、多額のゴルフの費用で悩んだらキャッシングを活用するのも一つの手です。計画的に利用しさえすれば無駄な金利も払うことなく、とても便利に利用出来るので、かなり役に立つサービスなのではないでしょうか。

接待ゴルフ

最近ではバブル期ほど行われなくなったとはいえ、それでも根強く残る「接待ゴルフ」の習慣。

golff.jpg

ゴルフで接待をするというビジネス慣習は、顧客に感謝の気持ちを表したり、取引先とのビジネスを円滑に進めるためだったり、社内の人間関係を円満にしたりする目的で行われています。

では、ゴルフで接待をする際に気をつけるべきこととはどんなことでしょうか?

接待する側は、TPOを考慮してコースや設備などについてよく分かっているゴルフ場を手配するのが一般的です。接待する相手の力量などもふまえた上で、相手が負担に感じずに楽しくプレイできるように配慮して選ぶのが基本です。

接待ゴルフは成績よりもコミュニケーションが大事ということは理解していても、いざ始まってみるとスコアに一喜一憂するケースも少なくありませんから、楽しめることを大前提に選びましょう。わざとOBを出したりする必要はありませんが、相手の性格をよく理解した上でこちらもプレーしないとせっかくの接待が台無しになる可能性もあるので要注意です。

また、ついやりがちな過度なお世辞やサービスは御法度です。ゴルフは紳士のスポーツですから、あくまでも自然なもてなしを心がけましょう。

飲食については、帰路の交通手段なども考慮した上で準備します。運転手付きの社用車でいらっしゃるケースでは、忘れずに運転手さんにも軽食の差し入れをしましょう。

手土産は、ゴルフボールなどの実用品が喜ばれますが、これも可能であれば相手の好みをリサーチしてから準備するのがいいでしょう。大事なのは、フェアプレー精神を忘れない事、自然なもてなしを心がける事、だといえます。

上達したいならプロの動きを研究

ゴルフを嗜む人にとって、常に心にあるのは「もっと上達したい」ということではないでしょうか。これまでスクールに通ってみたり、練習場のレッスンプロによるレッスンを受けてみたり、色々な練習方法を試してみたけれど、なかなか上達しないと嘆いている方は少なくないでしょう。

それでは、一体どうしたらゴルフは上達するのでしょうか。その練習方法とは一体どんなものがあるのでしょう?

まず思い浮かぶのは練習場でレッスンプロに習うという練習方法だと思います。実は、ゴルフ練習場にいるレッスンプロというのは、素人に教えるプロなのでゴルフの教え方がとても上手という人ばかりではないということを頭に入れておく必要があります。

最近は女性もゴルフを始めようとレッスンに通っている人も多くいます。スカートなどでプレイする人もいますので、ミュゼ丸亀のようなサロンに行く女性も多いのではないでしょうか?

ゴルフは勘違いのスポーツとよく言われますが、教えるのが上手な人に習わなければせっかくのアドバイスも勘違いで間違った方法で覚えてしまう可能性があるということなのです。ゴルフは教えるのが上手なプロに習うのが一番の上達への近道だといえます。

ですが、素人がそんなプロと知り合うことは滅多にありません。そんなときに有効なのは、プロが教えているDVDを利用することです。ゴルフはただ闇雲に素振りだけすればいいというものでもなく、スウィングやアプローチにも理論があります。

DVDを利用することで、その理論をまずしっかりと理解した上で、実際に身体を動かしてみるということができますし、何度も何度も繰り返し大事なところを見返すことができるというのもメリットです。


最近ではYou Tubeにプロのスイング動画が載っていたりもするので、出先や練習前でも気軽にイメージトレーニングが出来ます。
早く上達したければ、プロのスイング動画を活用してみるのがおすすめです。


golf2.gif

真似から始める

ゴルフを始めてみたいけれど、全くの初心者で何から始めればいいのか分からない、という方はたくさんいらっしゃることでしょう。どんな道具を揃えればいいのか、どんな練習をしたらいいのか、疑問はたくさんあることでしょう。

ここでは初心者がまず始める事について紹介します。

どんなことでもそうですが、まずはお手本をしっかりと見ることが大切です。ゴルフが上手なプロや先生のお手本をみて、その姿を真似することがまず第一歩となります。

swing.png

真似をするなら一流のプロのスイングを真似しましょう。ゴルフのテレビ中継でもいいですし、DVDでもいいです。一流選手のスイングの研究から始めましょう。そしてその結果一流選手のスイングが頭の中でしっかりとイメージできるようになったら、実際に練習場へ行きイメージしたスイングをやってみます。

最初はもちろん上手くいかないと思います。それでもいいのです。何度も何度も頭の中にある一流選手のスイングをしてみます。イメージ通りにやってみたけどうまくいかない、という体験をしたあとに理論を学ぶのです。そうすれば一流のプロと自分の違いを理解し、理論に基づいたスイングの基本をしっかりと身につけることができるのです。

最初に理論から入ると、頭でっかちになってしまって思い切りのいいスイングができなくなってしまいます。初心者はまずはプロの真似をして、イメージしたように身体を動かしてスイングする体験をたくさん積むことが大事です。そうすることで、理論がきちんと理解できるようになります。

道具を揃える

ゴルフは最近では年齢を問わず楽しむ人が増えています。


初めてゴルフを始める方はまずは道具からそろえる必要があります。
費用はブランドやグレードによってピンからキリまであり、まずは自分にあった道具を見つけることから始めるのが良いでしょう。


まずゴルフをするために絶対に必要なのがゴルフクラブです。クラブは最大で14本まで持っていることができますが、初めてであればそこまで揃える必要はありませんので、12本ほどがあれば十分でしょう。

iron.jpg

そしてクラブを入れておくためのキャディバッグはあったほうが運びやすいですから、ぜひ準備しておきましょう。いろんなブランドがありますので、好みで買うのがベストです。

もしもどんなクラブを選んだらよいかわからないという方であれば、クラブとキャディバッグがセットになっているクラブセットを購入するのも一つの方法です。初心者用のクラブセットの費用は3万円から4万円ほどになりますので、すぐに始めたいという方はそちらから使ってみるのもいいでしょう。


またゴルフウェアは基本的に襟付きのシャツ、下はジーパン以外のパンツであればハーフパンツでも大丈夫なところが増えています。
女性はスカートやワンピースでする人もいます。比較的服装に厳しい名門コースでプレイするのでなければそこまで気にしなくても大丈夫です。
人気のある足を露出するタイプのほうを選ぶ場合は、それなりの手入れは必須です。→脱毛 名古屋
楽しんでプレイに集中するにためにも、まずは見た目からはいってみましょう。


他の道具としてあれば便利なのがゴルフグローブです。費用は安いものであれば1000円台からありますので、初心者であれば人工皮革のものを試着して試しに使ってみるのもいいでしょう。

ゴルフの魅力

golf.jpg

ゴルフは、世界中で多くの人に楽しまれているスポーツです。なぜ多くの人に楽しまれているのかというと、魅力があるからです。だからこそ、休日に早起きして、遠くのゴルフ場に行くことも厭わないわけです。


そんなゴルフの魅力を、以下に列挙します。

「最も遠くにボールを飛ばすスポーツである」

これは、最大の魅力と言えます。
200メートル以上もボールを飛ばすスポーツは、他にありませんから。

「知的ゲームの要素がある」

これも、他のスポーツにはない要素です。
自分の技量や、その場の状況を冷静に判断してスコアを作るため、判断力やメンタルの強さが試されます。


「誰でも楽しめる」


ハンデを付けたりすることにより、年齢や性別、ベテラン・初心者の垣根なく一緒に楽しむことができます。実際に80歳近くになってもゴルフを楽しんでいる人もいますし、生涯出来るスポーツです。

「友人が増える」

プレーしていると、自然に人脈が広がるということは少なくありません。
同じ趣味を持っている者同士なので仲良くなりやすいからです。
こちらに関してはゴルフ以外のスポーツにも共通することですが、ゴルフは色んな世代の方が楽しんでいるスポーツなのでより一層幅広い人脈が得られることでしょう。

「自然の中で楽しめる」

特に都会で働いている人は、池や川などの自然に触れられる貴重な機会と言えます。
また、1ラウンドでも数キロは歩きますから、運動不足を解消できるというメリットもあります。

「コミュニケーションの場でもある」

道具やコース、スイングの方法など話のネタはたくさんあるので、初対面の人とでもすぐに距離を縮めることができます。

これだけ魅力的なゴルフ、ゴルフを楽しんだ後は、ミュゼ宮崎みたいなサロンに行き自分も魅力的になるのもいいですね。